2006年01月29日

大根!

難しくてもチャレンジして下さい!

○鶏肉、大根、水菜の煮物 白みそ仕立て。
下ごしらえ
大根は皮を剥き、2cm位の厚さの輪切りにして片側に十字に隠し包丁を入れ、竹ぐしなどがスッと通るまで湯がいておきます。
家肉は皮目をカリッとフライパンで焼き身はサッと白くなる程度で止めて、熱湯を掛けて油抜きをして食べやすく切っておきます。水菜は、最後に鍋に入れて焚くので、生のまま適当な長さに切っておきます。
鶏肉と大根を鍋に入れ水と酒を8・2の割合で材料がかぶるくらいに入れ、コンブを入れて焚いていきます。
火が通ったら材料が浮いてきますので、中火より少し弱めにし
て白みそを出汁に溶きます。沢山入れると辛くなるので、
加減を見て下さい。10分ほど焚いたら味を見て、味醂、薄口醤油を少し足して、味噌の加減を調整しましょう。
そこから15分ほど焚いていけば、ひたひたくらいまでになるので、火を止めて一旦味を含ますため置いておきます。
食べる前に火に掛け温めた器に盛り、その出汁で水菜を炊いて
一緒に添え煮汁を掛け一味、あれば柚の皮を刻んだ物を振って出来上がりです。体の芯から温まりますよ。

○大根のステーキ、薄揚げのぱりぱり焼。
大根は上記と同じ処理をします。薄揚げは魚を焼くグリルか
トースターでぱりぱりに焼いておきましょう。
青梗菜を良く洗い、沸騰したお湯に塩ひとつまみと、油を2〜3滴入れてゆがいて水に落とさず、ざるなどに挙げておきます。根っこを切り落とし、土などが付いていたら良く洗いましょう。
フライパンにヴァージンオリーブオイルを入れて、表面に小麦粉を付けた大根を中火にてこんがりきつね色が付くまで両面とも焼きます。焼けたら一旦引き上げ、フライパンは洗わずお酒大さじ8に濃い口2を合わせ、ブイヨンを小さじに一杯入れてフライパンに入れ煮立たせます。
そこに大根を入れ醤油の良い色が付いたらお皿に盛り、残りの汁で青梗菜を味つけし、適当に切った」薄揚げを盛り煮汁を掛け、鰹節を掛けて召し上がって下さい。
posted by くっちー&りりか at 23:48| 和歌山 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | レシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。